« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

遙かな世界に居ます友への

こんにちはこんばんはおはようございます。
猫島にてブルーオーブを。

     201401311554_124795342
Gigiさん、お久しぶりです。
貴方とともにエオルゼアを旅する予定が、そもそも私は
この世界に嫌われたのかどうか、インすることができませんでした。
なんとも残念なことでした。
幻術士で始めたものの、チマチマとエアロを撃ったり、申し訳程度に
ストーンを放ってみたりするものの、右手にかかる負担が思いの外大きく、
「これが魔法使いの戦いか…?」
と疑問を抱いたものでした。
貴方ならば、きっと全ての職種を使いこなされることと思います。
エオルゼアの空にはひきこ森という存在が無くなっていたとしても、
貴方の旅路の向かうその折々に、私の存在を思い起こしていただけると
幸いです。


ともに、白騎士物語という世界で、奇しくも似たような境遇にあった者同士、
私も似たような体験を重ねています。


アストルティアではレンダーシア大陸解放後、先日はキングヒドラが降臨。
私は福引き券500枚近くを使い1位ヒドラコイン2枚バラモスコイン6枚
ドラゴンガイアコイン1枚ハグめたコイン6枚メタスラコイン26枚を引き当てた
ものの、そのすべてを売却。
お金が無いというのは辛いものですね。


おそらく、キングヒドラと闘って勝てるとは思いますが、アクセサリの
ハイドラベルトはもうすこしおあずけでしょうかね。


…不思議なものです。


私にとって今日はあまり気分がよくない日でしたが、そうした日にたまたま
ブログを開くと、あなたのコメントがあるということ。
 私が時折苦戦するボスと闘う時。
 見ず知らずの冒険者たちと旅路を行く時。
 ピラミッドの中で先の見えない戦いをする時。
「ここにGigi-Septemberさえいれば…」
幾度そう、思ったことだろう。
     201401231521_123119107
夕闇がツスクル平野を覆い始める刻にあなたの息吹と鼓動を感じていたのは、
互いに違う空の下にあっても、そのまなざしは同じ光景を見ていたに違いない。

2014年1月20日 (月)

随想

皆様におかれましては寒中お見舞い申し上げます。

ドラゴンクエスト10×FF11×FF14のコラボレーションイベントが
現在開催中ですね。
ヴァナ・ディールとエオルゼアの空はどのようなものなのでしょうか。
各地に散る私の知己たちは、どのような日々を送っているのでしょうか。
もしよろしければ、近況をお聞かせ下さい。
さて、私のほうとしましては、風の街アズランにシャントット博士が
おいでになっています。FF11ですね。ディシディアでしか知りませんが、
マンドラゴラコインというものをくれます。なかなか面白いですね。
古代魔法フラッドを使う強敵でもありますが、耐魔21%と魔結界×2で、
私にとっては脅威ではありませんが。
ここ最近では、私はカタログを埋めるためのパーティーに参加したりと、
日々少しずつですが活動しています。
レベリングもまたカンストして80。さて、これで次は130スキルですね。
どんな特技が来るのかしら?
最近あまりにも記事を書いていなかったもので慌てて書いておりますが、
なんといっても仕事中ですので、今日はここまで。
では、またお会いする日まで、ごきげんよう。

2014年1月 4日 (土)

謹賀新年

皆様、新年明けましておめでとうございます。

今年ひととせの幸多からんことを。
白騎士物語が終焉を迎え、もう皆様にお目にかかる機会も無くなりました。
ここからは、私の旅路の記憶と、これからのことについて色々書きます。
コメント欄などで名前こそ出ませんが、多くの方の視線を未だに
感じております。
魔法省最後の日、お訪ねいただいた方が次々とありました。
この方達はおそらく、私に会いに来て下さったのだろうと感慨深い。
エオルゼアの世界に超激震が走る前日で、PS3が停止しているということで。
名前を書くことはできませんが、本当に本当にありがとうございます。
この最後の日、二仙が私を訪ねてくれていたようでした。
それも影時間(24時過ぎ)に。
魔法大臣上級次官がその後ビグロをしてくれていましたが、
私の魂は既にその世界から消えていました。
会えるのもロマンでしたでしょうし、会えなかったのもまた
ロマンかと思っています。

 人は、一生のうち
  会うべき人には必ず会える
 それは一瞬早すぎず
  一瞬遅すぎない時に
201401011930_118210181

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »